介護保険とは

1.介護保険制度

   介護保険制度は、介護を必要とする状態となっても、自立した生活ができるよう高齢者の介護を国民

  みんなで支える仕組みであり、できるだけ従来の生活が続けられるように、介護予防を通じて支援する

  仕組みでもあります。要介護認定で「要介護」と判定された方には介護給付が、「要支援」と判定され

  た方には予防給付が提供されます。「非該当」という判定であった方にも、要介護・要支援になるおそ

  れがあれば、介護予防のプログラム(特定高齢者介護予防事業)が提供されます。要介護・要支援に該

  当するかどうかについては、年1回の健診等を通じて定期的なチェックが行われます。このほか、住み

  慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、総合相談・支援や権利擁護も行われています。

 


 

2.介護保険制度の仕組み

 @ 介護保険のあらまし

   介護保険制度は40歳以上の国民が納める保険料と税金で運用されており、その運営主体(保険者)

   は、市町村・東京23区です。サービスが受けられるのは、65歳以上の寝たきりや認知症などの

   方と4 0〜64歳で特定の疾病により介護が必要と認められた方になります。

 

 A サービスを受けられる方

  ● 65歳以上の方(第1号被保険者)

    寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、常時の介護までは必要ない

    が身支度など日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)になった場合にサービスが受けられます。

  ● 40〜64歳までの方(第2号被保険者)

    初老期の認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる以下の病気(特定疾病)により、要介護状態

    や要支援状態になった場合にサービスが受けられます。

 

 B 特定疾病とは

   ・筋萎縮性側索硬化症      ・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症

   ・後縦靭帯骨化症        ・脳血管疾患

   ・骨折を伴う骨粗鬆症      ・パーキンソン病関連疾患

   ・多系統萎縮症         ・閉塞性動脈硬化症

   ・関節リウマチ         ・初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)

   ・脊髄小脳変性症        ・慢性閉塞性肺疾患

   ・脊柱管狭窄症         ・両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

   ・末期がん           ・早老症(ウェルナー症候群)

 

▲このページのトップに戻る